銀行の口座の出金に関わる印鑑

銀行印イメージ

各種「委任状」を書くことってありますよね。
委任状は、自分は直接できないから、この人に一任しますよ~、という書類。
そして、委任状に絶対押してはならないのが銀行印なのです。

銀行印は、銀行に届けている印鑑。
つまり、銀行の口座の出金に関わる印鑑です。
きちんと管理していなければ、偽造印等で不利益を被ることも考えられるのです。
特に委任状は、偽造印の作成だけでなく、「私は銀行からお金を引き出すことも委任されているのです」と言われてしまう可能性も。
そうなると、もう堂々と銀行からお金を引き出されちゃうことにもなりかねません。

もっとも、実際には銀行もそんなに甘くはないのですが、甘くないセキュリティをかいくぐる人はいつの世にも後を絶たないものです。
油断せず、銀行印をむやみに押さないことがなにより大事ということですね。
この手の委任状被害は、特に高齢者に多いものです。
ヘルパーさんを信頼して、通帳も印鑑も渡してしまうという独居老人は多いので、親族は特に注意するようにしてあげてください。

ちなみに、委任状に押すべきなのは、基本的には実印か認印。
認印で足りる委任状には認印を捺印し、実印でなければならない重大な委任……たとえば、不動産の売買などでは実印を印鑑証明とセットにして捺印します。
決して銀行印を押す場面は、せいぜい代わりに銀行口座を開設してもらうくらい。
それ以外にはありませんから、よく確認するようにしてくださいね。

〔安さをお求めならココ〕

印鑑をとにかく安く買いたい方、必見!
印鑑の通販専門サイト【ハンコヤドットコム】では、印鑑ひとつひとつに高品質な材質を使用し、確かな技術で手彫り仕上げをしております。
安さ・高品質が揃った安心のおすすめショップです!

ページの先頭へ